トップ 追記

気ままな日記


2017-08-09 京の七夕2017

・ 京の七夕2017

日曜日、大雨を覚悟で京の七夕会場へ向かいました。

今年は鴨川会場と北野天満宮紙屋川会場へ。

悪天候にもめげず海外からの観光の人も含めて大勢いらっしゃいました。

七夕飾りや友禅流しをと思っていましたが会場に着くとどうしても屋台の食べ物になりますね。

各県人会とも競い合って声を張り上げていましたがなかでも島根県人会の陽気なサザエおじさんがめちゃ目立っていて店は長蛇の列でした。

地元石川県の屋台には高校の先輩がいらっしゃるので顔を出して歓待してもらいました。

その後北野天満宮へ向かい珍しい御手洗川足つけ燈明神事を拝見しました。

境内はもちろん七夕飾りでお土居のライトアップと言いお正月の姿とは一変しています。

賑やかさと厳かさと両端味わってまいりました。

鴨川の県人会の皆さんびしょ濡れになりながら今晩は撤収作業だそうで・・・お疲れ様、ご苦労様です。

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

2017-08-06 山中伸弥京都大学iPS細胞研究所所長の講演会

・ ノーベル賞受賞者山中伸弥京都大学iPS細胞研究所所長の講演会

iPS細胞研究所のお仕事をさせて頂くご縁で思いがけず先生の講演を拝聴する機会に恵まれました。

主催されたのは京都東山ロータリークラブで創立50周年の記念行事でした。

学生のころから研究者を目指すまでの経緯を時に笑いを誘いながらiPS細胞の事もとてもわかりやすくお話頂きました。

お父さんをC型肝炎で亡くされたそうです。

当時A型でもなくB型でもなく治療の方法がなかったウィルス肝炎です。

今では特効薬が出来て90日間服用することで99.9%の人が完治するそうがかなり高額な薬です。

そういう薬が出来るまで長い年月が必要なことと出来ても大変高額になるという大きな問題を研究者として力説されていました。

ここにiPS細胞に掛ける思いが詰まっている気がします。

それと整形外科研修医として治療していた頃に治療法が無く苦しみ続ける多くの患者さん達と出会ったこと、この二つが研究の道へ進まれた要因だったそうです。

目指す方向は明確ですが問題は研究所を維持する膨大な費用だそうです。

これだけの事業なのでほとんどは国で賄われているのかと想像しますが実際は先生自らそれを確保するために日々の多くの時間を割いておられるようです。

その一つがマラソンを通じての募金活動なんですね。

京都マラソンなどテレビでよく拝見します。

走ると多くの募金が寄せられますが必要な金額の為には年間200回ぐらい走らないといけないと苦笑されてました。

具体的に募金するにはフリーダイヤル0120−80−8748(ハシレーヤマナカシンヤ)に連絡すると振込用紙が送られてくるそうです。

B型肝炎治療中の身としては特効薬の開発を願いつつ協力するべきだな・・・と思いながら土砂降りの中帰路へ。

貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

2017-07-31 向田の火祭り

・ 能登島町向田の火祭り

日本三大火祭りの一つで毎年7月の最終土曜日に行われる夏祭りです。

夕刻に伊夜比弯声劼妨かうと大小7基のキリコ(奉灯)が勢ぞろいしていました。

午後8時、神事が終わると約400m先のお旅所まで御神輿を先頭に子供から壮年までそれぞれ趣のある鉦や太鼓、笛に合わせて練り歩きます。

広場には高さ30mの大松明がそびえています。

やがて御旅所での神事を終えて御神輿の火が若者の松明に移されいくつかのポイントへ点火されていきます。

そのあとは子供らを含め大勢の人が小さな松明に火を移し大松明の周りを廻り出しました。

見物の人、だれでも参加できるみたいですね。

合図とともに大松明に投げつけるとあっという間に燃え上がりました。

燃え尽きて倒れた方向でその年の豊漁、豊作を占うそうです。

今年はどうだったのでしょうね。

それにしてもこの集落の様子から思いもよらない大勢の子供たちが参加してます。

そういえば夕刻どの家にも灯がともり大勢の人が宴席を囲んでいる様子が見られました。

離れて暮らす家族も親戚も年に一度この祭りに集まってくるんですね。

御旅所への道中を照らすかがり火には地元の保育園の園児の書いたものが並んでいます。

笛や鉦には女子たちの姿もたくさん見かけました。

大人も子供も皆でこの祭りを盛り上げ伝統を守り続けているのでしょう。

7月最終の土曜日に行うのはその為かな。

広場から元の神社へ戻るのは午後10時をまわっていました。

みなさんお疲れ様でした。

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

2017-07-20 沖縄産玉文マンゴー

・ 沖縄産玉文マンゴー

昨日近くに住むいとこの息子が「珍しいマンゴーが手に入ったので一緒に」と持って来てくれました。

マンゴーと言えば切り身を口にしたことはありますが丸ごと切って食べたことはありません。

それも超希少なマンゴーで糖度が24度だそうです。

(マスクメロンで14度とか・・)

切り方もわからないくらいで彼にお任せして・・さて口にした瞬間・・びっくりの甘さ!

これまで食べた何物にもたとえようがない甘さ、美味しさで、ただただ驚き。

聞けばクラウドファンディングによる対価だそうです。

[那覇マンゴー園]

沖縄県うるま市で五年前からマンゴーの栽培をされている方で4月、5月約2か月間で目標金額の300%を達成されたそうです。

昨今流行の「ふるさと納税」は、いささか疑問を持っており賛同できませんがこういう試みはお互いの為になるし商才を磨くためにも大いにチャレンジする価値があると思います。

留守の嫁の分までしっかり頂戴してしまって申し訳ないね、ごちそうさん!!

画像の説明画像の説明

2017-06-23 京都駅〜ハートランドヒルズin能登

・ 京都駅〜ハートランドヒルズin能登@いおり

先週末、能登へ向かいました。

その日はJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」の運行を始める日で

京都駅0番ホームは大賑わい。

サンダーバードは予定通り来るのかと心配なぐらい(^^)!

4月に看板工事したハートランドヒルズin能登のキャンプ場のその後を見に行って来ました。

先月地元北陸朝日放送のスーパーJチャンネルという番組に取り上げられ、オーナーも社員さん達も大はりきり。

夏休みに向かってどんどん充実した施設に出来上がっています。

TV取材のきっかけは七尾市が運営していたキャンプ場を3月末で閉鎖する予定だったところを引受け

今春金沢美術工芸大学を卒業した若者を管理人として採用した事から注目されたようです。

これまでハートランドヒルズで培った貸別荘の多様なノウハウに加え、新戦力が新たな発想で取組みを始めたわけです。

彼の目標は「アートなキャンプ場」だそうでそこもポイントなのかもしれません。

早速彼の後輩たちが場内のケビンに絵をかいて、そのケビンの壁には今話題のボルダリングも体験出来るようになっています。

また近くの保育園児たちともワークショップを企画して早速仲良く交流を始めたようです。

キャンプ場内には貸別荘が4棟あります。

それぞれに趣はありますが海の見える全天候型バーベキューコーナーを備えたカナディアンハウスがお勧めです。

眼下に富山湾が広がりご来光も拝めます。

何より天気が良ければ立山連峰を望むことができるんです。

この日は生憎のお天気で雄大な姿が見ることが出来なくて残念でした。

もう一つの絶景ポイント、前回いち押しだった展望台は「恋人岬」と名付けられすでに「愛の鍵」も数個掛かっていました。

もちろんキャンピングカー、トレーラーハウスでの宿泊も可能で多様なアウトドアファンの要望に応えられる施設になっています。

管理人の楓大海君、番組はシリーズで追っかけてくるのかな?

がんばってや、また景色見に行きますよ!(^^)!

*写真の一部はfacebook「ハートランドヒルズin能登 いおり」さんから拝借しました。

[ハートランドヒルズin能登@いおり]

[ハートランドヒルズin能登@いおりアルバム]

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

2017-05-22 ドリーミングフェスタ2017

・ ドリーミングフェスタ2017

恒例のLLPゆうりんの家フェスタにお邪魔しました。

回を重ねてますます充実した催しになってきました。

近年はお手伝いすることもないのでお昼を兼ねて模擬店目当てに出掛けました。

当初目標とされた地域の方々との交流が進んでお仲間がずいぶん増え盛り上がってきたように感じます。

代表の田村さんは「継続することが大事なんや」って。

ごもっとも何事にも共通しますよね。

地元伏見区のゆるきゃら「ふしみこちゃん」も駆けつけ子供たちも楽しそうで、ビンゴが始まるとモニター前に集まってきました。

前から気になっていたのが空地を挟んで隣の田阪卓球会館です。

田阪さん-卓球といえば中学時代一時卓球部に所属していたのでその頃世界で大活躍された田阪登紀夫さんを思い出します。

長谷川信彦さんとか伊藤さんとか当時卓球界の大スターでした。

選手の方が屋台に来られていたので帰り際にお尋ねしたところ登紀夫さんの弟さんがされているそうです。

帰ってから検索するとご本人は同志社大学の教授をされているんですね。

最後にもう一つのお目当て滋賀県産のプチトマトを求めて失礼しました。

30度越えの暑い中みなさんご苦労様でした。

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

2017-05-03 ハートランドヒルズin能登@いおり

・ ハートランドヒルズin能登

先週末ふるさと能登半島に貸別荘とファミリーホテルを経営している友人が今度は貸別荘のあるオートキャンプ場を

オープンしました。

ハートランドヒルズin能登@いおり

かなり厳しい日程でしたがどうにかOPEN前日に看板を設置することが出来ました。

総面積5,000坪のキャンプ場に常設のキャンピングカーも用意され宿泊体験もでき、それぞれ趣のある4棟の貸別荘には無料のカラオケ設備、さらには専用バーベキューハウスも準備中です。

7月のグランドオープンに向けてオーナーはじめ皆さんいろいろと知恵を絞って日々楽しみな施設に出来上がっています。

ベテランのキャンプ愛好家はもちろんこれから始めたいと思う人も訪れた人みんながきっと満足出来るはずです。

個人的には眺めが素晴らしい!

眼下に真っ青な日本海(富山湾)をのぞみ、遠くに望む北アルプス立山連邦の眺めも最高!

能越自動車道はまだ無料区間も多くお勧めです!(^^)!

作業を終えて生まれ故郷中島町の

国民宿舎小牧台)に一泊。

翌朝は朝日とともに目覚め、作業してくれたみんなと一緒に船釣りに出掛けました。

天気も良く波静かな七尾湾で半日ゆっくり過ごす事が出来ていい思い出になりました。

友人と作業してくれた仲間たちに感謝です、ありがとう!

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

2017-04-23 J2京都サンガ観戦

・ J2京都サンガ観戦

西京極総合運動公園に出掛けました。

かつては知り合いの事業、スポンサー広告看板を設置する手伝いをしていた関係で毎試合観戦しましたがそれを離れてからはほんとに久しぶりでたぶん10年ぶりぐらいです。

両側に大きなマッサージチェアの風船がありますが初代の黒いのも当時設置していました。

チームはここ何年かはJ2に定着してしまって少しさみしいですが今年地元京都橘高校出身の仙頭、小屋松、岩崎の3選手が入団して元日本代表の闘莉王、大黒が加わったこともあり少し興味が湧いてきました。

新しくなった掲示板を見るのも初めて入り口のイベントも以前よりだいぶ賑やかになっています。

試合は闘莉王の先取点で先行したのに追いつかれてドロー・・・どうもいまひとつですね〜。

若い人に力をつけてもらって昔の天皇杯を制したころの夢を見せてもらいたものです。

暖かくなったし景色はいいし空気はいいし、これを機にまた応援に来ます。

それにしてもいつもながらビジター(今日は松本山雅)の応援団には感心させられます。

あとグランド向きのバイト君とスタンド向きのバイト君随分さがあるなぁ〜・・・ご苦労様。

画像の説明画像の説明画像の説明
画像の説明画像の説明
画像の説明

2017-03-15 北野史跡散策

・ 北野史跡散策

日曜日、京都新聞記事を観て史跡ウォークに参加してきました。

足利義満の北山殿から北野を歩くという京都史跡ガイドボランティア協会さんの企画です。

会の歴史があるのでしょう皆さんおなじみの雰囲気で大勢参加されお天気もよくにぎやかな行進でした。

金閣寺を中心にした北山殿は南北が400m東西が600mで室町幕府の置かれた花の御所の8倍も広かったようです。

義満の死後ほとんどが失われ今は金閣寺だけなのでこの広さはあまり知られていません。

廬山寺通りと佐井通りの交差するあたりに惣門があり国内の要人はここを外国の要人はそのずっと南、一条通に有った大門からまっすぐに北へ向かったようです。

惣門から南を眺めるとまっすぐ緩やかに下り大きなお屋敷が並んでいます。

そういえばこのあたり総門町とか馬場とか地名に入っていますからその名残でしょう。

廬山寺通りの紙谷川に掛かる橋が昔は高橋と言われこのあたりに義満の愛妾「高橋殿」という女性が住まわれていたそうです。

ここが北山殿の南東角でお土居の堀になり洛中洛外の境です。

足利家の菩提寺等持院で解散しましたが天気もいいので北野天満宮へ満開の梅を見に行くことにしました。

白梅町付近は路地まで渋滞していて気が付けば全国車いす駅伝大会の交通整理でした。

手前でお昼を食べて午後は天神さんへ

帰りはバスが来ないので結局家まで歩くことになり約9kmのいい運動になりました。

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

2017-03-03 今度は山城温泉で蟹

・ 金沢〜山城温泉で蟹

一泊で山代温泉へ。

初日は松井秀樹ベースボールミュージアムに二度目の訪問でした。

前回よりメジャー関連の展示も増えてますます充実しています。

他の選手の記念館が苦戦をする中でここは子供の頃の三角ベースに始まりメジャーまでそれもワールドシリーズのMVPに輝いたわけですから別格です。

何より長嶋さんとともに受賞した国民栄誉賞は誇れます。

ヤンキースの同僚ジーター選手が来られた時の写真も良かったです。

子供の頃の数々の品がとてもきれいに保存されていたのも展示の中で貢献されていますね。

きっとお母さんの心配りでしょうね。

翌日は定番の金沢城公園から兼六園を散策して初体験の近江町市場でお昼です。

その後、初のひがし茶屋街まで歩いてコーヒー休憩。

祇園の新橋のお茶屋さんみたいな・・と言っても歩いただけですが・・京都に似てる気がしました。

金沢の街には歴史を感じる古いものがたくさん残っていて建物もお店の展示物も目を引かれるものが多くて歩いて周るのもとても楽しいかったです。

皆さんお疲れさん、特に運転手さんご苦労様でした。

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明